2017年3月23日木曜日

春を先取り、その3 ~ ビオラのカード 【Casa de Paz だより】


 春を先取りというタイトルがそろそろそぐわないような、本格的に春らしい陽気になってきましたね~ (*´з`)


我が家の愛犬もウキウキ

あんずの木…らしい。毎年とっても綺麗なんです

 いつもお世話になっている本厚木のセレクトショップ「Casa de Paz」さんへも、春らしいカードを納品すべく!制作に励みました。
 以前にブログで取り上げたビオラのスタンプ、なかなかうまく使いこなせないのが口惜しかったのですが、今回はカサデパズの店長さんにも「春っぽいし、昔のフランス映画みたいな雰囲気もちょっぴりある」と褒めて頂ける出来上がりになりました。


 こんな感じ?


 フランス映画みたいにオトナカワイイ、小粋なカードなんて言って頂けてうれしい!


 薄く色塗りをしているのでわかりづらいですが、ビオラはメインの黄色以外に、5~6色使っています。


 中のメッセージ用紙は、ガラッと色を変えています。


 先日のブログでご紹介した豆カードも一緒に納品させて頂きました。


 このカード、センチメンツが「You & me are veggie good friends」となってます。veggie ってなんですか?とご質問頂いたのですが、お豆…つまり野菜のカードなので、very と veggie をかけてるんですね! おやじギャグと言ってしまったらかわいそうかしら(笑)


 中もお豆いっぱいですよ~ (≧▽≦)

 カサデパズさんは、小田急線本厚木駅から徒歩10分くらい、水引交差点のすぐそばにあるオシャレで居心地のよいセレクトショップです。


オシャレなワードローブや雑貨、最近流行りのスワッグ、店長さんの故郷から名前を、お店の住所からアイディアを取ったオリジナルアクセサリー「フットパーチ」などなど、ステキなものいっぱいです!
 お近くにいらした際にはぜひぜひお立ち寄りくださいね。「ちいさなカードやさん・ふわり」のカードはお店を入ってすぐの右側の棚にちょこんと置いてあります。どうかぜひチェックしてみてくださいね~!





2017年3月21日火曜日

バースデイのラッピングとカードをお揃いで


 3月は仲良しの友人の誕生日が多い月で、どんなプレゼントやカードにするかいろいろ考えます。
 今回、クラフト好きの友人にはスタンプを選んだのですが、ラッピングをどうしようかなーと考えていたら、チロさんのブログでステキなのを発見! パクって…じゃない、アイディアを拝借いたしました。チロさん、ありがとうございます(*^ ^*)
ラッピングのパッケージは12インチペーパーとケント紙で作ったので、そのハギレでカードもお揃いで作ることにしました。


 こんな感じです。春らしいですよね(#^.^#) 友人の好みに合いそうな花柄を選びました。


 パッケージに苦戦したので、カードはシンプルになってしまいましたが…ペーパーとダイカットのおかげでエレガント~になりました。キラキラをつけてしまいそうなところ、ぐっと我慢して控えめに。そのほうが、ペーパーのお花が引き立つかなぁと思って。


 この薄い、妖精の羽根みたいなリボンが雰囲気をアップしてくれてるんだと思います。ちびかぜさんからのお裾分け~。なんか、ちびかぜさんからのお裾分けでめっちゃカード作ってます。ありがとうございます!


 パッケージは上から見るとこんな感じで、チロさんがおっしゃっているように本の外箱のような形。リボンでぐるっとして結んでいます。パッケージの中にカードを入れると、カードのリボンがつぶれてしまうのがちょっと残念だったのですが、封筒にしても同じだし、ここは妥協しました。

 差し上げたスタンプも「使ってみたいフレーズがたくさん入ってた」と言ってもらえてよかったです(*^-^*) ガンガン使ってね~!





2017年3月20日月曜日

A先生のスクラップブッキング教室・記録し忘れの睦月篇


 先日のお教室レポをまとめながら、なんか忘れてるなーと思ったら、1月のお教室レポでした。
 1月は12月に引き続き、ピンクフレッシュスタジオのペーパーを使ったのですが、実は私、ピンクフレッシュスタジオが喰わず苦手(嫌いというわけではない)でして…なので、A先生のお教室で使えるのをとても楽しみにして参加しました!
 なんで喰わず苦手だったかというと、このブランド、ネット上で見ているだけではその雰囲気が伝わりづらいのと、印刷がほかのメーカーとビミョーに違う気がするのです。うまく言えないけど、ザラッと感が足りないというか。紙の質が違うのか?
 あとは、自分がよく選ぶような色味ではなかったり、ペーパーのイラストが完成され過ぎてて、遊ぶ余地がないんじゃないか…という気もしていました。

 しかし。このインディゴヒルズというコレクション、実際に手に取ってみたらとても素敵で、オシャレで、さりげない可愛らしさがあって、作っていてとても楽しかったのです~! 喰わず苦手はよくないな、と反省致しました。

 で、出来上がったのがこちら


 年末の思い出を、とてもステキにまとめることができて大満足の仕上がりになりました。写真とペーパーの色合いがなんとなーく合ってたのもよかったんだろうな。ぼかしてあるのでわかりづらいですが、ジャーナルはペーパーと同じコレクションのふせんに書いてあります。


 面白いのがこの部分で、鳥さんは100円ショップでおなじみのアミファさんの半透明シール、くるみボタンはずいぶん前に自分で作ったもの。偶然にも色味がピッタリ!この鳥さん、かわいくって大好きなんです。ここでは、白い紙に貼って切り抜いたものを使っています。


 これは、その発想自体が間違ってるかもしれないんですが…
 わざとフレーズの意味を違えて使ってみました。この写真、大兄のご希望によりラーメン二郎へ行く途中のスナップ写真なのですが、路上なので「This way」とかけてるんです。ま、ラーメン二郎は「cool」じゃなく「苦(くーる)しい」だけどね!(これはオヤジギャグか…)


 このフレーズは合ってるよね…って、ハートは私だけか(苦笑)
 「君の名は。」を観た後に記念撮影しようってセルフィーです。小兄が嫌がって撮ってくれなかったから。やーね、中二って。このバックの横断幕(っていうのかな)には、新海監督のサインが入っていて、ちょっとコーフン。

 ピンクフレッシュスタジオのダイカットには、英語の苦手な日本人にはわかりづらいというよりもはやわからないフレーズが多く、この日もみんなで「これどういう意味かなぁ」とケータイ片手にお勉強してしまいました(笑)
 英語と日本語では、その発想や考え方も表現も違うので、英語は英語、日本語は日本語で楽しめたらいいなぁと思うのですが言うは易しでなかなかうまいこといきません(汗) 英語を楽しむためにはまず理解しないといけないので、ここはその都度面倒がらずに調べていくのが一番の近道でしょうか。
 また、アメリカ発のスクラップブッキングだからといってなんでもアルファベットで済ませないで、日本語で綴れるものや日本の風習などはしっかり日本語で表現、記録していけたらいいなぁとも思います。

 さて、まったく同じペーパーでもう1枚


 1枚目と全く同じペーパーですが、使う方向を変えているんです。それだけで少し雰囲気も変わって、面白いですね。
 こちらは2枚目であまり飾りがなかったこともありますし、写真だけでも問題ないくらいのペーパーなので(それが最初は苦手かなと思ったけど、そんなことありませんでした)、ほんとに簡単に仕上げています。私はあまりモリモリのレイアウトより、これくらいアッサリでもいいというか、これくらいのほうが好きなので、満足!
 ペーパーに描いてある黒い飛沫模様に合わせて、スパンコール3色とパール、それにウッドエンベリを散らしています。


 このアルファベットはどこのかちょっと忘れてしまったんですが、1枚目で使わなかったので2枚目で使わせて頂きました。Nが足りなくて、Zを横にしています(笑) でもそのデコボコ感がかえってよかったかも。

 ピンクフレッシュスタジオ、これからも楽しんでいきたいなーと思えるブランドでした。A先生、ありがとうございました(*^-^*)